アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ブログ編集」のブログ記事

みんなの「ブログ編集」ブログ


【ブログ編集】CanvasJSを使ってグラフ作成

2017/11/05 10:58
体重グラフをCanvasJSを使って自作してみた。

CanvasJSを使ってグラフ作成

体重データはcsv形式のファイルで作成した。csvのデータは「西暦年」「月」「日」「体重」「体脂肪率」「体重ラベル」「体脂肪率ラベル」で構成する。ラベル以外は数字のみ。測定データがないものは空データとする。体重と体脂肪率は小数点以下も記録できるようにした。データラベルは「"(数字)"」の形式で格納。表示が密になるのでピーク時の数値を小数点以下を四捨五入した整数の値で貼ることにした。なお、CanvasJSの折れ線グラフではデータラベルは上側に表示される。


csvデータ(例)

2017,10,29,82.7,26.7,,,
2017,10,30,83.0,26.1,"83","26",
2017,10,31,null,null,,,
2017,11,1,84.1,26.3,,,
2017,11,3,83.9,25.9,,,
2017,11,4,83.7,26.2,"84","26",


次に、グラフ化だ。今回は CanvasJS を使う。現時点のバージョンは v1.9.10 GA だ。

csvを読み込んで、体重(dataPoints1)と体脂肪率(dataPoints2)の2軸の重ね折れ線グラフを作成する。CanvasJSでは月を0から数えるのでマイナス1し、描画処理を行う。左の第1軸を体重、右の第2軸を体脂肪率とし、目盛線の数が同じになるように、かつ、2つのグラフが重ならないように、縦軸の最小値と最大値を決める。


2軸の重ね折れ線グラフを描画

<html>
<head>
<script type="text/javascript" src="http://code.jquery.com/jquery-latest.min.js"></script>
<script type="text/javascript" src="https://canvasjs.com/assets/script/canvasjs.min.js"></script>
</head>
<body>
<div id="DietCanvas">
  <script type="text/javascript">
    $(document).ready(function () {
      $.ajax({
        type: "GET",
        url: "diet.csv",
        dataType: "text",
        success: function (data) { processData(data); }
      });
      function processData(allText) {
        var allLinesArray = allText.split('\n');
        if (allLinesArray.length > 0) {
          var dataPoints1 = [];
          var dataPoints2 = [];
          for (var i = 0; i <= allLinesArray.length - 1; i++) {
            var rowData = allLinesArray[i].split(',');
            if(rowData && rowData.length > 1) {
              if(rowData[3] == "") {} else {
                dataPoints1.push({
                  x: new Date(rowData[0],rowData[1]-1,rowData[2]),
                  y: parseFloat(rowData[3]),
                  indexLabel: rowData[5]
                });
              };
              if(rowData[4] == "") {} else {
                dataPoints2.push({
                  x: new Date(rowData[0],rowData[1]-1,rowData[2]),
                  y: parseFloat(rowData[4]),
                  indexLabel: rowData[6]
                });
              };
            }
          }
          drawChart(dataPoints1,dataPoints2);
        }
      }
      function drawChart(dataPoints1,dataPoints2) {
        var chart = new CanvasJS.Chart("DietChart", {
          height: 280,
          animationEnabled: true,
          animationDuration: 2000,
          zoomEnabled: true,
          title: { text: "体重&体脂肪率", fontSize: 18 },
          legend: { fontSize: 14 },
          axisX: {
            valueFormatString: "DD-MMM YYYY",
            labelAngle: 0,
            labelMaxWidth: 55,
            labelFontSize: 14
          },
          axisY: {
            title: "体重",
            includeZero: false,
            minimum: 20,
            maximum: 100,
            suffix: "kg",
            titleFontSize: 14,
            labelFontSize: 14
          },
          axisY2: {
            title: "体脂肪率",
            includeZero: false,
            minimum: 0,
            maximum: 80,
            suffix: "%",
            titleFontSize: 14,
            labelFontSize: 14
          },
          data: [
            {
              type:"line",
              name:"体重[kg]",
              showInLegend:true,
              markerSize:3,
              dataPoints:dataPoints1
            },
            {
              type:"line",
              name:"体脂肪率[%]",
              axisYType:"secondary",
              showInLegend:true,
              markerSize:3,
              dataPoints:dataPoints2
            }
          ]
        });
        chart.render();
      }
    });
  </script>
  <div id="DietChart" style="width:100%;height:300px;padding-top:20px;"></div>
</div>
</body>
</html>


これで一旦グラフができる。





上記のグラフは「全期間」「過去1年間」「過去3年間」のボタンを追加したものだ。追加方法としては、chart.render以降を下記に書き換えた。


3つのボタンの追加(「全期間」「過去1年間」「過去3年間」)

     :
     :
        chart.render();

        var dpsLength = chart.options.data[0].dataPoints.length;
        var lastDate = chart.options.data[0].dataPoints[dpsLength-1].x;
        var button1 = document.getElementById("setViewport1");
        button1.addEventListener( "click", setViewport1);
        function setViewport1(){
          chart.options.axisX.viewportMinimum = null;
          chart.options.axisX.viewportMaximum = null;
          chart.render();
        }
        var button2 = document.getElementById("setViewport2");
        button2.addEventListener( "click", setViewport2);
        function setViewport2(){
          chart.options.axisX.viewportMinimum = new Date(lastDate.getFullYear()-1,lastDate.getMonth(),lastDate.getDate());
          chart.options.axisX.viewportMaximum = new Date(lastDate.getFullYear(),lastDate.getMonth(),lastDate.getDate());
          chart.render();
        }
        var button3 = document.getElementById("setViewport3");
        button3.addEventListener( "click", setViewport3);
        function setViewport3(){
          chart.options.axisX.viewportMinimum = new Date(lastDate.getFullYear(),lastDate.getMonth()-3,lastDate.getDate());
          chart.options.axisX.viewportMaximum = new Date(lastDate.getFullYear(),lastDate.getMonth(),lastDate.getDate());
          chart.render();
        }
      }
    });
  </script>
  <div><button id="setViewport1" type ="button">全期間</button><button id="setViewport2" type ="button">過去1年間</button><button id="setViewport3" type ="button">過去3ヶ月</button></div>
  <div id="DietChart" style="width:100%;height:300px;padding-top:20px;"></div>
</div>
</body>
</html>


ところが、ChromeやSafariではグラフが表示できない。理由はよくわからないが、headにCanvasJSのバージョン1.7.0のJavaScriptを追加したら表示できるようになった。ただし、3つのボタンに対しては無反応のままだ。


ChromeやSafariで表示させるための仮処置

<html>
<head>
<script type="text/javascript" src="http://code.jquery.com/jquery-latest.min.js"></script>
<script type="text/javascript" src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/canvasjs/1.7.0/canvasjs.min.js"></script>
<script type="text/javascript" src="https://canvasjs.com/assets/script/canvasjs.min.js"></script>
</head>
<body>


最後に、体重や体脂肪率に測定データがない日を破線にすることに挑戦。これもChromeやSafariでまだうまく描画できていない。破線をきれいに描画させるには、長期にわたり測定データがない区間についてその開始日と終了日に空のデータを入れておくことだ。





サイトに掲載する際はiframeを使って表示させるのが便利だ。BIGLOBE会員であれば無料の個人ホームページの管理画面からログインし、無料オプションのWebFTPを用いて任意のディレクトリを作成。パソコンからサーバへの転送に関するWebFTPのマニュアルを見ながら、そのディレクトリに、「csvファイル(メモ帳で作成可能)」と「htmlファイル(メモ帳で修正可能)」を転送すればよい。ブログ記事に下記のiframeを書けばよいのだ。


サイトでiframeを使って表示

<iframe src="http://******/diet.html" width="100%" height="350" scrolling="no"></iframe>






にほんブログ村 ブログブログ ブログ活用法へ
さまざまな活用法を読んでみよう!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【ブログ編集】ウェブリブログ対応

2017/02/19 17:40
当ブログはウェブリブログを用いている。
このひと月、フリースペースやスタイルシートをさわり、見栄えを更新したので、それらをまとめてみた。

1. Googleアナリティクスの設置
2. Googleアドセンスの設置
3. Googleカスタム検索の設置
4. ファビコンの設置
5. ウェブクリップアイコンの設置


Googleアナリティクスの設置

Googleアナリティクスを設置したのにどうしても動いてくれない。どうしてなんだー!とググっていると、Takasui様のブログ『気になる…(きになるてん)』に答えがあった。ウェブリブログは運営者様もGoogleアナリティクスを利用されているらしく、トラッカーを作成する必要があるとのこと。赤字のところを追加して、このコードをできるだけ上の方のフリースペース7に置いたら、次の日に動いていることが確認できた。

フリースペース7、SP用トップ上部、SP用記事上部

<script>
(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
(i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
})(window,document,'script','https://www.google-analytics.com/analytics.js','ga');

ga('create', 'UA-********-*', 'auto', 'clientTracker');
ga('clientTracker.send', 'pageview');

</script>


Googleアドセンスの設置

ブログ最上部中央に970x90のスペースを設け、Googleアドセンスのレスポンシブ広告を掲載しようと、ページレイアウトを再調整した。このスペースには970x90のサイズの広告のほかに728x90のサイズの広告も使われることがわかり、この両方の広告バナーがいつも左右の真ん中に表示されるようにCSSで位置を設定する。同時に、ブログの記事の幅を従来の500pxから570pxに変更した。

フリースペース7

<div class="gads"><p style="width:970px;height:90px;">
<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<!-- example_responsive_1 -->
<ins class="adsbygoogle"
style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-****************"
data-ad-slot="**********"
data-ad-format="auto"></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>
</p></div>


スタイルシート(CSS編集)

/*----------------------------------------------*/
/* 共通スタイル */
/* (トップ、月別、テーマ別、記事ページ共通) */
/*----------------------------------------------*/

/* コンテナ(広告・フッタを除くメイン領域) */
#container{
/* コンテナの上からの配置指定 */
top: 90px;
/* ブログ全体の幅 */
width: 970px;
}

/* Google AdSense 970x90 レスポンシブ用 */
.gads{
position: absolute;
left: 50%;
width: 970px;
height: 90px;
margin-left: -485px;
}


/*----------------------------------------------*/
/* トップ、月別、テーマ別ページ */
/*----------------------------------------------*/

/*------------------ 新着記事 ------------------*/
#contents{
/* 記事の幅 */
width: 570px;
}

/*-------------- コンポーネント群 --------------*/
#utilities{
/* 右サイドバーの幅 */
width: 200px;
}
#utilities2{
/* 左サイドバーの幅 */
width: 200px;
}

/*----------------------------------------------*/
/* 記事ページ */
/*----------------------------------------------*/

/*-- ブログ(記事+トラックバック+コメント) --*/
#blog{
/* 記事の幅 */
width: 570px;
}


Googleカスタム検索の設置

ウェブリブログにはブログ内検索機能が備わっている。その結果表示に満足できなかったのとGoogle広告で収益を出したかったという2つの理由で、Googleカスタム検索をフリースペース(幅200px)に設置することにした。スタイルの記述をスタイルシートに書かずに直接htmlで記述してしまった。

フリースペース(右)

<div style="border:0px; height:30px; overflow:hidden;">
<div style="border:0px; width:220px; position:relative; top:-20px; left:-10px;">

<script>
(function() {
var cx = '*********************************';
var gcse = document.createElement('script');
gcse.type = 'text/javascript';
gcse.async = true;
gcse.src = 'https://cse.google.com/cse.js?cx=' + cx;
var s = document.getElementsByTagName('script')[0];
s.parentNode.insertBefore(gcse, s);
})();
</script>
<gcse:search></gcse:search>
</div></div>


ファビコンの設置

ブラウザのタブやお気に入りなどのブックマークやアドレスバーに表示されるユニークなアイコンを「ファビコン」または「ブックマークアイコン」と呼ぶ。まずは、ファビコンを作成する。エーオーシステムのサイト『ファビコン作成 favicon.ico 無料で半透過マルチアイコンが作れます』で簡単に作成できる。そして、ええかげんブログ(本店)のサイト『ブックマークアイコン(ファビコン)をウェブリブログで表示する方法』にもとづいて、そのファビコンをウェブリブログに設置してみた。インターネットでファイルを指定してアクセスできる格納場所にアイコンファイル(.ico)を保存し、下記コードをフリースペースに追加するだけ。確かにブラウザのタブやURLにファビコンが表示された。

フリースペース(左)、SP用トップ上部、SP用記事上部

<script langage="JavaScript" type="text/javascript">
fabicon_link = null
function appendIcon(){
if(fabicon_link) return;
fabicon_link = document.createElement("link");
fabicon_link.rel = "shortcut icon";
fabicon_link.type = "image/vnd.microsoft.icon";
fabicon_link.href = "http://***(.icoファイルの格納場所)***/***.ico";
document.head.appendChild(fabicon_link);
}
appendIcon();
</script>



ウェブクリップアイコンの設置

ウェブクリップアイコンはスマホで「ホーム画面に追加」する際に使われるアイコンである。Hassie(ハッシー)様の『【ブログ】ウェブリブログでファビコン(favicon)やウェブクリップアイコンを表示する方法』にもとづいてウェブリブログに設置してみた。ユーザがインターネットでファイルを指定してアクセスできる格納場所にアイコンファイル(.png)を保存し、下記コードをフリースペースに追加するだけ。確かにiPhoneでホーム画面に追加する際にウェブクリップアイコンが表示された。

SP用トップ上部、SP用記事上部

<script langage="JavaScript" type="text/javascript">
touch_link = null
function appendIcon(){
if(touch_link) return;
touch_link = document.createElement("link");
touch_link.rel = "apple-touch-icon";
touch_link.type = "image/png";
touch_link.href = "http://***(.pngファイルの格納場所)***/***.png";
document.head.appendChild(touch_link);
}
appendIcon();
</script>







にほんブログ村 ブログブログ ブログ活用法へ
さまざまな活用法を読んでみよう!
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1


【ブログ編集】 一括応援の規約違反

2010/10/08 23:00
ブログを読みまわっていると時々「一括応援」ってのがあって便利だなと思い、少し勉強して追加してみたところ、ランキングサイト様からメールで「JavaScriptを使った規約違反」があるとのご指摘を受け、直ちに追加した箇所を削除させていただきました。関係する皆様には大変なご迷惑をかけてしまい、ここにお詫びさせていただきます。

ところで、この仕組みを作る際にJavaScriptに少し触れることができたのは自分にとっては良かったと思う。一括応援を実現するにあたり、いくつかのブログ記事を参考にしながら次のスクリプトを作成したわけだが、これからは一括応援以外の目的で使ってみたい。

<script type="text/javascript">
<!--
var strUA =navigator.userAgent.toLowerCase();
function BlogRankingOpen(){
  if(strUA.indexOf("msie") !=-1){
    document.getElementById('Ranking01').click();
    document.getElementById('Ranking02').click();
  }
  else{
    win=window.open("http://***.***","_blank");
    win=window.open("http://***.***","_blank");
  }
}
// -->
</script>
<input type="button" value="一括応援" onClick="BlogRankingOpen()">
<a href="http://***.***" target="_blank" id="Ranking01">*****</a>
<a href="http://***.***" target="_blank" id="Ranking02">*****</a>

新しいウインドウを開く際のウインドウ制御の仕方を この設置作業の中で学習した。例えば、自己紹介用の画像を新しいウインドウで開く場合、普通にhtmlタグで記述すると、

<a href="http://***.***" target="_blank">せんぱいの自己紹介用画像</a>

となる。これではウインドウサイズと画像サイズの釣り合いが取れず、見栄えが悪い。新しく開くウインドウの位置や大きさを指定するためにはJavaScriptを使えばよいことが分かった。ところが、ウェブリブログの記事にURLを記述するとリンクタグに変換されてしまうのだ。そこで、scriptの部分をhtmlに反映できるフリースペース3に記述することにした。これでウインドウの位置と大きさをうまく指定できるようになったのだが、この方法が正しいかどうかについては初心者なのでよく分からない。(^^;

<script type="text/javascript">
<!--
function MyProfPict(){
  win=window.open("http://***.***","_blank","resizable=yes,left=200,top=
  100,width=200,height=200,directories=no,location=no,status=no,menubar
  =no,scrollbars=no,titlebar=no,toolbar=no");
}
// -->
</script>
<a href="javascript:MyProfPict()">せんぱいの自己紹介用画像</a>

もっと簡単に次のようにもできるようだ。でも、この記述はウェブリブログの記事の中では使いものにならない。なぜだか、onclickのところが消えてしまう・・・(^^;

<a href="javascript:void(0)" onclick=window.open('http://***.***','_blank',
'resizable=yes,left=200,top=100,width=360,height=240,directories=no,
location=no,status=no,menubar=no,scrollbars=no,titlebar=no,toolbar=no')>
せんぱいの自己紹介用画像</a>

そこで、もう少し汎用性を持たせるため、関数の引数を用いて、次のようなJavaScriptを作ってみた。これ↓が今回の成果だ。

今後はこれで「クリックによる画像のポップアップ」を行うことにする。
汎用的に使いたいので、Scriptはフリースペース3に記述することにした。

【スクリプト】

<script type="text/javascript">
<!--
function openWindow(url,x,y,w,h){
  window.open(url,"_blank","resizable=yes,left="+x+",top="+y+",width="+
  w+"w,height="+h+",directories=no,location=no,status=no,menubar=no,
  scrollbars=no,titlebar=no,toolbar=no");
}
// -->
</script>

【タグ】

<a href="javascript:openWindow('画像のURL(http://***.***)','X座標(200)',
'Y座標(100)','幅(360)','高さ(240)');">せんぱいの自己紹介用画像</a>

注:URLと数値の前後のQuatation記号(')は忘れないようにする。






にほんブログ村 ブログブログ ブログ活用法へ
ほかの解決策が見つかるかも!
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


【ブログ編集】 ページレイアウトを変更

2010/04/12 21:00
ウェブリブログのページレイアウトを変更しよう と試み、ひまわりさんの九九免許というホームページを参考にして、CSSを使って、記事とサイドバーの幅の変更に挑戦した。

ウェブリブログではサイドバーへのコンポーネントを左右に配備することにより、2カラムまたは3カラムのページレイアウトで構成することができるようになる。3カラムのページ幅はデフォルトで
160px+480px+160px=800px
となっており、2カラムのページ幅はデフォルトで
500px+200px=700px
となっている。

頑張る父さんの記録帳では、2カラムのデフォルトレイアウトを用いてきたので、500px+200px=700px幅の部分については触りたくない。そこで、これまでの2カラムのページレイアウトに、200px幅の左サイドバーを追加することにより、
200px+500px+200px=900px
のページ幅とすることにした。


【CSSソース】

ブログ管理ページ→ブログ→設定→オプション→CSS編集(上級者向け)→下記の赤字部分を追加→設定

/*----------------------------------------------*/
/* 共通スタイル */
/* (トップ、月別、テーマ別、記事ページ共通) */
/*----------------------------------------------*/

/* コンテナ(広告・フッタを除くメイン領域) */
#container{
/* ブログ全体の幅 */
width: 900px;

}

/*----------------------------------------------*/
/* トップ、月別、テーマ別ページ */
/*----------------------------------------------*/

/*------------------ 新着記事 ------------------*/
#contents{
/* 記事の幅 */
width: 500px;

}

/*-------------- コンポーネント群 --------------*/
#utilities{
/* 右サイドバーの幅 */
width: 200px;

}
#utilities2{
/* 左サイドバーの幅 */
width: 200px;

}

/*----------------------------------------------*/
/* 記事ページ */
/*----------------------------------------------*/

/*-- ブログ(記事+トラックバック+コメント) --*/
#blog{
/* 記事の幅 */
width: 480px;

}






にほんブログ村 ブログブログ ブログ活用法へ
ほかの解決策が見つかるかも!
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2


【ブログ編集】 CSSで画像をポップアップ

2010/01/03 22:00
ウェブリブログで画像をポップアップしよう と試み、CSSだけで画像のポップアップというホームページを参考に、CSSを用いたオンマウスによる画像のポップアップを実現することができた。
(JavaScriptを使ったクリックによるポップアップに関する記事は→こちら

>>> sampleこんな感じだ
(スマホには対応していません)


【CSSソース】

ブログ管理ページ→ブログ→設定→オプション→CSS編集(上級者向け)→下記の赤字部分を追加→設定

/* アンカー */
a,
a:link,
a:active,
a:visited,
a:hover{
}
.popup img {
display:block;
top:-10000px;
left:-10000px;
position:absolute;
}
.popup a:hover {
position:relative;
}
.popup a:hover img{
top:10px;
left:30px;
}



【HTMLソース】

下記の赤字部分を記事に追加

<span class="popup">
<a href="(画像ファイルの保存URL)" target="_blank">
<img src="(画像ファイルの保存URL)" alt="sample">
(画像ファイルを説明するテキスト等)</a></span>







にほんブログ村 ブログブログ ブログ活用法へ
ほかの解決策が見つかるかも!
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0


【ブログ編集】 グラフ作成ブログパーツ

2009/10/10 21:30
BLOG Meterさんのグラフ作成のブログパーツがサービス終了となり、ブログパーツを乗り換えることにした。ブログからデータを読み取る機能はないが、過去のデータを記録・修正することができる優れモノだ

株式投資とれまがグラフィ   こんな感じ
ダイエット効果Diet Club   こんな感じ





にほんブログ村 ブログブログ ブログ活用法へ
ほかの解決策が見つかるかも!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【ブログ編集】 ブログ再開!

2009/06/17 22:00
2年半ぶりにブログを再開することにした。その理由はダイエットの記録を残すことだ。





にほんブログ村 ブログブログ ブログ活用法へ
ほかの解決策が見つかるかも!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【ブログ編集】逆アクセスランキングを設置

2009/06/11 21:30
ブログのサイドバーに逆アクセスランキングを設置することにした

リバースアクセス というCGIをWebで見つけて使うことにした。ウェブリブログではSSIが利用できず、JavaScript外部ファイル方式 を使って、下のようにカスタマイズしてみた。うまく設置できたのではないかと思う。


【access.cgi】

266行目から
 266: $Rankh.="<h2>逆アクセスランキング</h2>";
 267: $Rankh.="<table width=180 style...
269行目の前に以下のコードを追記
 269: my $span=$RANK+$LAST+$ACCE+1;
 270: $Rankh.="<tr bgcolor="$table">";
 271: $Rankh.="<td colspan=\"$span\" align=\"center\"
    style=\"font:10pt; color:#666600;\"><font face=\"Arial\">
    <b>Link Access Ranking</b></font></td>";
 272: $Rankh.="</tr>\n";
273〜277行目をコメント化
 273: #if($RANK 274: #if($LAST 275: #$Rankh. 276: #if($ACCE 
 277: #$Rankh.
下記の行は変更
 303: if($RANK || ($ARGV[0] ne "s" && $ARGV[0] ne "j")){$Rankh.="<td
    align=\"right\" style=\"font:9pt; color:#666600;\">$rank1</td>";}
 305: $Rankh.="<td align=\"center\" style=\"font:9pt;
    color:#666600;\">";
 313: $Rankh.="<td style=\"font:9pt; color:#666600;\"><a href=\"$url\"
    target=\"$TGET\" title=\"$title\">$title_url</a></td>";
 314: if($ACCE || ($ARGV[0] ne "s" && $ARGV[0] ne "j")){$Rankh.="<td
    align=\"right\" style=\"font:9pt; color:#666600;\">$cnt</td>";}
 322: $Rankh.="<tr><td colspan=\"$span\" align=\"center\" style=\"
    font:9pt; color:#666600;\">";
 323: $Rankh.="<a href=\"http://○○○○○/○○/access.cgi?count\"
    target=\"_top\">Top100</a> / <a href=\"http://www.cj-c.com/\"
    target=\"_top\">ReverseAccess</a></td></tr>\n";
 324: $Rankh.= ...


【set.cgi】

以下のパラメータを変更
 10: HOMEのURL($hp):"http://blog.akarui.jp"
 11: 管理用パスワード($mpass):"7777"→"****"
 12: ログ収集期間($days):"7"→"30"
 13: 閲覧順位($b_s):"25"→"100"
 16: ランクイン最低アクセス数($R_IN):"3"→"1"
 48: #@murl=('>iframe','>script','>img','xxx.com','xxx.net','yyy.ne.jp');
 49: @murl=();
 168: JavaScriptランク表示機能($JSc):"0"→"1"
 170: JavaScriptランク表示数($JS):"5"→"100"
 179: URLを省略表示半角文字数($CUT):"30"→"18"
 181: 前回順位表示($LAST):"1"→"0"


【time.log】

"yyyy/mm/dd"→"2009/06/21"

参考.ちょっとしたhtml記述のコツ
      <○○○> → &lt;○○○&gt;(< >が文字列)
      http://○○○ → &#104ttp://○○○(リンクされない)






にほんブログ村 ブログブログ ブログ活用法へ
ほかの解決策が見つかるかも!
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


【ブログ記録】 設定完了

2005/11/20 03:00
ブログの設定が完了しました!





にほんブログ村 ブログブログ ブログ活用法へ
さまざまな活用法を読んでみよう!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「ブログ編集」ブログ

免責事項: 無断転載はおやめください。当ブログへのリンクはフリーですが、いかなる不利益・損害、期待した効果や実績が得られなかったとしても一切責任を負いませんので、ご自身の責任において行動をお願いします。また、当ブログから他のサイトにリンクをしている場合があります。移動された先のホームページは当方が管理するものでも運営するものでもございません。よって、その内容の真偽につきましても一切責任を負いませんのでご了承下さい。

プロフィール




頑張る父さん こちらからメールをお送りください☆



頑張る父さんの記録帳 ブログ編集のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる