【資格】 普通救命講習

今日、普通救命講習を受けた。心肺蘇生法・人工呼吸法、電気ショック療法の実技だ。
(普通救命士は公的資格ではありません。)

救急車が到着する前に適切な救命手当が行われなかったために、大切な命が失われてしまう例は決して少なくない。カーラーの救命曲線では、心臓停止後約3分で50%死亡、呼吸停止後約10分で50%死亡、多量出血後約30分で50%死亡するということが示されている。1分以上の心臓停止や呼吸停止があると脳への影響も出てしまう。救急車が来てくれるまで約6分かかる。早い通報→早い応急手当→早い救急処置→早い医療処置という救命の連鎖がどれだけ重要かということだ。

1.周囲の状況よし、大出血なし
2.意識確認
  (肩をたたいて)大丈夫ですか、大丈夫ですか、大丈夫ですか
  意識なし
3.あなた、119番通報をしてAEDを持ってきてください
4.気道確保
5.呼吸の確認
  見て・聞いて・感じて・4・5・6・7・8・9・10
  呼吸なし
6.人工呼吸(1回吹き込んで)
  気道よし(もう1回吹き込み)
7.循環サインの確認
  1・2・3・4・5・6・7・8・9・10
  息なし、咳なし、動きなし
8.心臓マッサージ
  1・2・3・4・5・6・7・8・9・10・11・12・13・14・15
  (心臓マッサージ15回人工呼吸2回×4サイクル後、7へ)
  (AED到着または救急車到着まで継続)
9.(AED到着時)
  あなたAEDを使えますか
  ふたを開けて患者の左側に置いてください
10.AEDを使用しますので心臓マッサージを中断します
  電源よし
11.汗なし、ネックレスなし、貼り薬なし、胸毛なし、ペースメーカーなし
12.(音声メッセージに従い、パッド貼付、コネクター接続)
  密着よし
  離れてください
  (心電図測定と電気ショック×nサイクル後、4へ)

よし。覚えたぞ。

傷病者の血は病気を持っているもの。止血する場合はコンビニ袋を持っていたらそれを手袋代わりにして、さらにハンカチを使って傷口を押さえる。人工呼吸についても口腔内の傷で出血している場合がある。一方向弁がついた蘇生用マウス・ピースやキューマウスといった呼気吹き込み用具を使う。最悪、人工呼吸ができなくても、心臓マッサージだけでも行うことが救命のためには大変重要だということだ。

いい歳したオヤジがこんな大事な講習を今頃受けてるなんて恥ずかしくて人には言えない話だが、受講して良かったと思う。

追記) 8/4に普通救命講習修了証をいただいた。普通救命講習Ⅰを修了し、救命技能を有することを認定しますとある。ただし、救命技能を忘れることなく維持向上させるため、2年から3年間隔で定期的に講習を受けてくださいとある。あれ以来2晩、救命の夢を見ている。

にほんブログ村 資格ブログ スキルアップへ
資格に関係するブログを読んでみよう!

【旅行】 香港へ

画像5/16から3泊4日で、仕事で香港島に行ってきた。

初日~2日めは台風1号の中、悪天候が続き、観光地には出かけることができず、3日めの夕方にようやく食事と観光に出かけることができた。市民の足となっているHK$2.20のスターフェリーで九龍に渡る。

今回の出張で訪ねた本場の中華料理店は「面譜」と「恒香桟」。九龍のシェラトンホテルで紹介してもらった「面譜」はとても良かった。なんという楽器か分からないが、ライブ演奏もあって楽しんだ。その後、香港島の百万ドルの夜景を、九龍サイドからと香港島ビィクトリア山頂からの両方向から眺めた。ビィクトリア山には2階建てバスで上ったが、かなりスリルがあった。山頂からの帰りはスイス製のピークトラムと呼ばれるケーブルカーで下りた。

今度は夜景が素晴らしいと聞いたクリスマスの季節に訪れたい。





にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
海外旅行の話を読んでみよう!

【旅行】 神戸・姫路へ

画像神戸で開催された国際会議に出席。姫路城と明石海峡大橋の観光にも参加。

大阪人さんとも梅田で会った。それから実家への家路で、なめらかプリンで有名な「パステル」の店舗を見つけ、なめらかプリンといちごスペシャルを買って、実家に手土産。大好評だった。

伝説のラガーマン、「パステル」社長の角日出夫さんの講演を聞いてから、一度は食べてみたいと思っていたのだが、とてもうまかった!





にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
海外旅行の話も読んでみよう!

【旅行】 オースチンへ

2/19から一週間、テキサス州のオースチンに仕事で出張してきた。

雪が降って寒かった。ステーキに、中華に、カニのBBQにと、旨いものをたくさん食ってしまった。ひとまわり太った。現地で古くからオースチンに住まれている日本人のご夫妻にお会いでき、楽しいひとときも過ごせた。いい想い出に残る出張となった。





にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
海外旅行の話を読んでみよう!